SMARTの法則を活用した目標設定のポイント

SMARTの法則を活用した目標設定のポイント

SMARTの法則という言葉を聞いたことがあるでしょうか?SMARTの法則を活用することで、目標の精度を上げることができます。そこで今回は「SMARTの法則を活用した目標設定のポイント」についてまとめました。

SMARTの法則とは

SMARTの法則とは、精度の高い目標を設定する方法の一つです。SMARTは、Specific、Measurable、Achievable、Realistic、Time-boundの5つの単語の頭文字を取っています。

SMARTの法則の5つの要素

Specific(明確性)

Specificとは、明確性を意味します。目標を設定する際はできるだけ具体的にすることで、目標を明確にします。

Measurable(計量性)

Measurableとは、計量性を意味します。目標は数値で表すようにし、達成度合いも定量的にします。

Achievable(達成可能性)

Achievable とは、達成可能性を意味します。目標水準の妥当性を検討し、達成できる目標を設定します。

Relevant(関連性)

Relevantとは、関連性を意味します。目標が会社の事業や業務に関連があり、取り組むことで利益があるかどうかを検討します。関連性がないと、目標に取り組む意味やモチベーションがなくなります。

Time-bound(期限)

Time-boundとは、期限を意味します。 目標の達成期限を設定します。期限がない目標は先延ばしにされてしまい、達成されません。

SMARTの法則を活用した目標設定のポイント

SMARTの法則を有効的に活用するためのポイントは、シートに書き出すことです。目標をシートに書き出し、SMARTの5つの観点から目標を展開し、より精度の高い目標を客観的に設定します。

また、目標をPDCAサイクルに回すことで、目標を達成するために必要な行動を試行錯誤します。PDCAを繰り返すことで、より効果を得ることができます。

まとめ

このページでは「SMARTの法則を活用した目標設定のポイント」について解説しました。

  • SMARTの法則とは
  • SMARTの法則の5つの要素
  • SMARTの法則を活用した目標設定のポイント

SMARTの法則を活用することで、目標を達成しやすくなります。個人の目標や会社や部署ごとに設定する目標設定にも活用できます。特別な知識やノウハウを必要とせず、すぐ導入できるので、ぜひ一度試してみてください。

問い合わせ

Contact

人事制度でお悩みの方はお気軽にご相談ください。