ダイバーシティ推進と人事制度の関係とは

ダイバーシティ推進と人事制度の関係とは

近年、ダイバーシティを推進する動きが高まってきており、ダイバーシティ経営という言葉があるくらいです。そこで今回は「ダイバーシティ推進と人事制度」についてまとめました。

ダイバーシティとは

ダイバーシティとは「多様性」と訳される言葉であり、年齢や性別、人種などにかかわらず、さまざまな人々が社会や組織に参加する機会を得ることを目指そうという考え方です。

ダイバーシティの分類

表面的ダイバーシティ

表面的なダイバーシティとは、個人が生まれながらに持ち、自分の意思で変えることができない特性のことです。
具体的には、

  • ジェンダー
  • 人種
  • 身長
  • 年齢
  • 障害
  • 体格
  • 特性

などが挙げられます。

深層的ダイバーシティ

深層的ダイバーシティとは、表面的にはわからない内面的な特性のことです。表面的にわからないないため、他人には理解できず、問題になってしまうこともあります。
具体的には、

  • 性格
  • 職務経験
  • 働き方
  • 言語、教育
  • 習慣
  • 言語
  • 宗教
  • 組織上の役職、階層

などが挙げられます。

ダイバーシティと人事制度

従来の人事制度では、働き方に制約のないことが前提での評価が主流でした。しかし、実際には残業や出張、転勤に対応ができない人もいます。また、個人が持つ特性のために働きにくさを感じたり、思うように能力を発揮できないこともあります。

ダイバーシティを推進するためには、さまざまな特性を持つ社員を公平に評価し処遇する仕組み、すなわち人事制度が必要不可欠と言えます。社員の事情に合わせた時短勤務やテレワークなどの働き方の多様化や評価結果に合わせて適材適所な人材配置などを行うことで、社員が働きやすくなるだけでなく、社員のパフォーマンスを最大限に引き出すことによって生産性が上がり、会社全体の成長も見込めます。

まとめ

このページでは「ダイバーシティ推進と人事制度」について解説しました。

  • ダイバーシティとは
  • ダイバーシティの分類
  • ダイバーシティと人事制度

今後もダイバーシティを推進する動きはますます高まってくることが予想されます。働き方改革によって、企業に対応が求められています。人事制度でお悩みの方は、一度専門家に相談することをお勧めします。

問い合わせ

Contact

人事制度でお悩みの方はお気軽にご相談ください。