離職防止(リテンション)の施策とは

離職防止(リテンション)の施策とは

今社会が抱える問題の一つに深刻な人材不足が挙げられます。超高齢社会が進む日本では、今後も労働人口の減少が予測され、企業は人材確保に力を入れる必要があります。そこで今回は「離職防止(リテンション)の施策」についてまとめました。

離職の主な要因

人間関係の悪化

上司や同僚、部下などの社内での人間関係に加え、お客様やクライアントなど社外の人間関係など仕事上の人間関係は多岐にわたります。その中で、人間関係に悩みを抱えたり、ハラスメントを受けたことをきっかけに離職に至るケースが考えられます。

会社や事業の将来性に対する不安

社員が会社の事業や自身のキャリアに将来性がないと判断した場合は、よりキャリアアップの望める他社へ転職してしまうため、離職につながります

労働環境や待遇面での不満

給料が少ない、労働時間が長すぎる、休みがとれない等の労働環境の悪さは、社員が不満を抱く原因になります。特に労働時間が長すぎたり、休みがない場合は、過労により心身に支障をきたす危険性があります。また、育児や介護、家族の転勤等で通勤するのが難しくなり、離職につながるケースもあります。

離職防止(リテンション)の施策

コミュニケーションの活性化

コミュニケ―ションを活性化することで、良好な人間関係の形成が期待できます。また、社員の労働問題や不満、キャリア志向についても把握しやすくなります。

働きやすい労務環境の整備

テレワークの導入や短時間勤務を導入することで、多様な働き方ができるようになり、育児や介護等の家庭の事情で働くことが難しい社員も働きやすくなります。

人事評価制度の見直し

社員は、自分の貢献度が評価されていないと感じると不満を感じます。社員の納得が得られるような人事評価制度にする必要があります。具体的には、評価の根拠を明確にする、仕事の成果が報酬に反映されるような制度にすることが挙げられます。

まとめ

このページでは「離職防止(リテンション)の施策」について解説しました。

  • 離職の主な要因
  • 離職防止(リテンション)の施策

離職防止施策は、ただ離職を防止するだけでなく、既存社員が働きやすくなることで社員のパフォーマンスを最大限に引き出し、会社全体の生産性向上が期待できます。人事評価制度の見直しを検討中の方は、ぜひ一度専門家にご相談ください。

問い合わせ

Contact

人事制度でお悩みの方はお気軽にご相談ください。