賃金制度を見直すタイミング

賃金制度を見直すタイミング

現行の賃金制度が時代や会社規模に合わなくなってきたと感じたり、会社をさらに成長させるために賃金制度を見直したいと考える経営者の方もいらっしゃるのではないでしょうか。そこで今回は「賃金制度を見直すタイミング」についてまとめました。

賃金制度とは

賃金制度とは、人事制度の一つで等級制度・評価制度に基づいて給与や賞与を決定する制度のことです。給与体系は、大きく基準内賃金と基準外賃金に分けることができます。

基準内賃金(所定内賃金)

基準内賃金とは、所定労働時間内の労働に対して支払われる賃金のことです。最低賃金の対象となり、残業代や割増賃金を計算する際に基礎となる賃金です。

基準外賃金(所定外賃金) 

基準外賃金とは、勤務実態や個人の事情によって変動する賃金です。時間外賃金は法律で定められていますが、その他の基準外賃金の設定は、企業が独自に設定することができ、福利厚生の一面もあります。

賃金制度見直しのタイミング

法改正

労働に関する法律は、定期的に改正が行われます。特に近年では働き方改革が行われ、企業は対応を求められています。法改正に適した賃金制度の改定が必要な場合があります。

組織変更

会社内で組織・事業の変更や整理が行われたり、社長の交代などが行われると会社は大きく変化します。このような大きな変化をきっかけに賃金制度も併せて見直しをすることができます。

会社に余裕がある

賃金制度の見直しには移行原資が必要となります。したがって会社の資金に余裕があるタイミングで行うといいでしょう。

まとめ

このページでは「賃金制度を見直すタイミング」について解説しました。

  • 賃金制度とは
  • 賃金制度を見直すタイミング

賃金制度を見直すと、社員のモチベーションアップに繋がったり、人件費をコントロールしやすくなるなどのメリットがあります。しかし、一歩間違えると不利益変更となってしまい訴訟になってしまったり、移行原資がかかりすぎてしまったり、思ったような効果が得られなかったりなど注意が必要です。賃金制度の見直しを検討中の方は、一度専門家に相談することをおすすめします。

問い合わせ

Contact

人事制度でお悩みの方はお気軽にご相談ください。