リモートワーク下の人事評価における課題とリスク

リモートワーク下の人事評価における課題とリスク

近年、働き方の多様化やコロナ禍の影響で、リモートワークを導入する企業が増加しています。そこで今回は「リモートワーク下の人事評価における課題とリスク」についてまとめました。

手続きの滞り

リモートワークでは、書類のやり取りや押印や手書きで書かなければならない部分があった場合、時間がかかってしまったり、手続きが滞ってしまう可能性があります。また、記入方法について質問があった場合、その場で聞けば済むようなこともリモートワーク下の場合は、メールや電話等を介さなければ質問することはできません。

勤務態度が見えない

リモートワーク中は、上司が部下の日常的な勤務態度が見ることができず、また、コミュニケーションも少なくなってしまう傾向があるので、勤務態度などを評価することが難しくなります。

成果につながる行動を細かく把握しづらい

リモートワーク中であっても、成果は評価することはできますが、成果に向けた取り組みやプロセスを評価することが難しいです。リモートワーク中は、上司が部下の働きぶりを見ることができず、コミュニケーションも取りずらくなるためです。

勤務時間を正確に把握しづらい

これまでは、朝礼時の確認やタイムカードで社員の勤務時間を把握することができましたが、リモートワークでは、自己申告してもらう以外に確認する方法がなく、正確な勤務時間を把握することができません。その結果、サボる人が出てきたり、逆に長時間働きすぎてしまう人が出てきてしまう可能性があります。

評価方法のバラつき

リモートワークは導入が人事評価の方法は従来のままだと起こりやすいのが、評価方法のバラつきです。リモートワークでは、勤務態度が確認しにくいので、普段のメールやビデオ会議等の発言を評価に入れる評価者と成果物や実績のみを評価する評価者で、評価にムラができました。評価にバラつきが出ると、社員にも不満が出てきます。

まとめ

このページでは「リモートワーク下の人事評価における課題とリスク」について解説しました。

  • 手続きの滞り
  • 勤務態度が見えない
  • 成果につながる行動を細かく把握しづらい
  • 勤務時間を正確に把握しづらい
  • 評価方法のバラつき

リモートワークを導入するときは、以上のような課題の対策をする必要があります。また、リモートワーク導入には人事評価の見直しが必須であるといえます。人事評価の見直しを検討されている方は、一度専門家にご相談ください。

問い合わせ

Contact

人事制度でお悩みの方はお気軽にご相談ください。