人事制度の作り方と失敗しないためのポイント

人事制度の作り方と失敗しないためのポイント

会社規模の拡大や新しく会社を設立する際に、人事制度設計を検討する経営者の方もいらっしゃるのではないでしょうか。そこで今回は「人事制度の作り方と失敗しないためのポイント」についてまとめました。

人事制度とは

人事制度とは、半年に1回、1年に1回など、定期的に社員の能力や貢献度などについて評価して、評価に応じて昇給・賞与などの賃金や昇進などに処遇するための制度です。

人事制度の設計手順

現状分析

賃金分析・社員アンケート

STEP
1

制度設計

等級制度・評価制度・賃金制度

STEP
2

制度導入

規程改訂・社員説明会など

STEP
3

制度移行(制度検証メンテナンス・評価者研修)

制度検証メンテナンス・評価者研修など

STEP
4

制度運用

STEP
5

 人事制度設計のポイント

スケジュールを設定する

人事制度設計し始めるとなかなか決めきれず長引いてしまうことが多々あります。まず、制度導入日を設定し、そこから試用期間や設計スケジュールを逆算して設定すると、スムーズに制度を設計することができます。

会社に合った人事制度になっているか

人事制度は、会社の方針をあらわしたものです。そのため、他社でうまくいった人事制度をそのまま自社に導入したり、テンプレート通りに人事制度を構築しても、うまくいかないことがあります。

社員への説明

賃金が社員にとって不利益になり得る変更がある場合は、社員の納得を得るのに時間がかかります。納得のないままに制度導入を強行突破すると、社員の不満が募って組織崩壊のリスクがあるので注意が必要です。

まとめ

このページでは「人事制度の作り方と失敗しないためのポイント」について解説しました。

  • 人事制度とは
  • 人事制度の設計手順
  • 人事制度のポイント

人事制度を導入することで、会社全体の生産性が上がることや社員育成に役立つことが期待できます。人事制度導入をご検討中の方は一度専門家にご相談ください。

問い合わせ

Contact

人事制度でお悩みの方はお気軽にご相談ください。