ノーレイティングについてわかりやすく解説

ノーレイティングについてわかりやすく解説

ビジネス環境が大きく変化する現在において、これまでとは違う新たな人事評価制度として注目されている「ノーレイティング」について今回はまとめてみました。

ノーレイティングとは

ノーレイティングとは、時代の変化に対応するためにアメリカで生まれた従来の数値やランクによる評価をしない新たな人事評価制度のことで、外資系企業やグローバル企業を中心に導入が増えてきています。
ノーレイティングを「評価を行わない」と勘違いして認識している人がいますが、ノーレイティングは評価を行わないことではありません。従来の人事評価制度では期末や年度末に「S」「A」「B」「C」といったランク付けをすることで年次評価を行っていましたが、ノーレイティングではリアルタイムな目標設定とフィードバックによって都度評価を行います。

ノーレイティング導入のメリット

管理職との部下とのコミュニケーションが増える

これまでの人事評価では評価スケジュール通り年数回しか対面でのミーティングが行われず管理職と部下との信頼関係を醸成することが難しいのが現状でした。ノーレイティングでの人事評価では管理職と部下とのコミュニケーションが基本となるので、決まったタイミングとか関係なく随時ミーティングを開催して目標設定・フィードバック・アドバイスを行いますので、管理職と部下との密なコミュニケーションが生まれます。

市場や環境の変化に対応できる

急激に変化するビジネス環境などに対して、これまでのレイティングでの人事評価だとビジネス環境に応じて変化する現場に対して適切な評価が行えないという問題ありましたが、ノーレイティングでは頻繁に管理職と部下がコミュニケーションを行うため、環境の変化に対してリアルタイムに評価することが可能になります。また、そのことから部下の評価に対する納得感も高まります。

従業員のパフォーマンスが向上する

上記の通り、ノーレイティングでの人事評価は部下の評価に対する納得感が高まりますので、それにより部下の仕事に対するモチベーションが高まります。また、部下自身が自発的に仕事に対するモチベーションが高まると、生産性が向上したり自分を成長させる意欲が高まり、人材育成にもつながります。その結果として従業員のパフォーマンスアップが実現します。

ノーレイティング導入のデメリット

管理職の負担が増加する

これまでのレイティングを基本とした人事評価では、管理職が部下を評価するのは、評価期間の決まった時期(期末・年度末など)だけだったため、管理職の負担はそれほどではありませんでしたが、ノーレイティングでは管理職と部下との密接なコニュニケーションが必要になるため、部下との対話に多くの時間を費やす必要があります。また、決まったタイミングとか関係なく部下から目標設定・フィードバック・アドバイスを求められるので時間も手間もかかります。

管理職のマネジメント能力が求められる

これまでのレイティングを基本とした人事評価では、決められた評価シートや評価方法があり、明確な評価項目と評価基準に従ってランク付けするので、管理職のマネジメント能力や判断は求められませんでしたが、ノーレイティングでは明確な評価項目や評価基準がないため管理職に判断が求められます。また、管理職のマネジメント能力が低いと、部下から評価に対する不満が発生する可能性もあります。

従業員が混乱する可能性がある

これまでのレイティングを基本とした人事評価では、評価期間やスケジュールが明確に決まっていて、部下は事前に決めた目標に向かってやるべきことを行えば良いので部下が混乱することもありませんでしたが、ノーレイティングでは状況の変化に応じて管理職と部下とのミーティングを開催して随時目標を変化させていきますので、部下が目標を見失って現場が混乱する可能性があります。

まとめ

このページでは「ノーレイティング」についてお伝えしてきました。

・ノーレイティングとは?
・ノーレイティング導入のメリット
・ノーレイティング導入のデメリット

ノーレイティングにはさまざまなメリットもありますが、これまでのレーティングを基本とした人事評価制度と全く違う新しい制度のため、導入するためにはいろいろな課題をクリアする必要があります。自社の状況をしっかりと把握しノーレイティングのことも理解した上で検討して専門家に相談してみるのも一つの手だと思います。

問い合わせ

Contact

人事制度でお悩みの方はお気軽にご相談ください。