ミッション・ビジョン・バリューの意味と違いについて

ミッション・ビジョン・バリューの意味と違いについて

経営者の方であれば、ミッション・ビジョン・バリュー(MVV)という言葉を聞いたことがあるのではないでしょうか。しかし、具体的な違いがわからない、設定はしているけど活用していない方もいると思います。そこで今回は「ミッション・ビジョン・バリューの意味と違い」についてまとめました。

ミッション

ミッションとは、使命・目的という意味です。会社が何のために存在するのか、社会や顧客にどのような価値を提供するのかをもとに考えます。ミッションは、会社や社員の行動の指針となります。

ビジョン

ビジョンは、ミッションを実現した将来像のことです。ビジョンを経営者と社員で共有することによって、より具体的に未来をイメージしやすくなり、社員の方向性を統一することができます。

バリュー

バリューとは価値、価値基準のことです。会社がビジョンに向かって、ミッションを実現するにあたって必要な価値基準となります。社員にとっては、行動する際の判断基準となります。

まとめ

このページでは「ミッション・ビジョン・バリューの意味と違い」について解説しました。

  • ミッション
  • ビジョン
  • バリュー

MVVを社員と共有することで経営者と社員の方向性が揃い、社員が会社の意向に沿った行動をしやすくなり、より会社への貢献度が高まります。社員へ自分の思いが伝わらないとお悩みの経営者の方はMVVを設定し、社員に共有してみてはいかがでしょうか。

問い合わせ

Contact

人事制度でお悩みの方はお気軽にご相談ください。