人事制度改定・見直しのポイント

人事制度改定・見直しのポイント

時代の変化や会社規模の拡大などによって、現行の人事制度が今の会社の状態や社会の情勢に合わなくなってくると、人事制度の改定や見直しを検討する方が多いと思います。せっかく人事制度を見直すのであれば、よりいいものにしたいですよね。そこで今回は「人事制度改定・見直しのポイント」についてまとめました。

人事制度とは

人事制度とは、会社が従業員管理の効率化を図ったり、従業員のモチベーションやスキルの向上を図るために、処遇や働き方など人事に関するいろいろなルールを定めたりする仕組み全般のことです。
会社における「人事制度」の位置付けとしては、経営資源である「ヒト・モノ・カネ」の中で「ヒト(人)」に関する仕組みになります

人事制度の目的

人事制度の目的は、人的資源を有効的に活用することです。社員のタレントやパフォーマンスを最大限に引き出し、会社全体の生産性を向上させます。また、会社方針を社員に示す指針とする役割もあります。

見直し・改定のポイント

ビジョンをたてる

まず、人事制度の見直し・改定を行うにあたって、一番重要なことはどのような人事制度にしたいかビジョンをしっかりと持つ必要があります。同一労働同一賃金に対応させたい、従来の年功序列から脱却して若手のモチベーションが上がる制度にしたい、成果主義の人事制度にしたいなど、しっかり検討しましょう。

評価要素のバランス

成果主義を取り入れたいと思っても成果のみを評価するようにすると、社員が孤立化しチームワークができなくなったり、賃金が安定しないため社員の不満が出てきたりします。情意評価や能力評価などの評価をバランスよく組み合わせることをおすすめします。また、職種や等級によって評価の配分を変えるとより効果的です。

社員への説明

どんなにいい制度ができても会社の上層部のみで決定した人事制度では、社員の納得が得られないことがあります。説明をしっかり行い、意見を取り入れることで社員の納得感が高まり、モチベーションが向上します。

人事制度を見直すと期待できる効果

生産性の向上

社員の業績や能力に見合った昇給・昇格を行なうことで、社員のモチベーションが向上し、より高い成果や能力習得を目指し業務に励むことになるため、一人ひとりの生産性が向上します。個人だけではなく会社全体の生産性向上も期待できます。

適材適所の人材配置

評価によって、社員の適性を把握でき、能力を十分に発揮できる部署へと配置転換させることも可能です。社員にあった仕事を振ることで作業効率が上がり、会社全体の成長につながります。

人材育成の促進

評価の実施により、個人の課題を明確にすることができます。また、評価基準を社員に伝えることで、会社の方針を社員と共有することができ、社員を会社の求める人材へ成長を促すことができます。

まとめ

このページでは「人事制度改定・見直しのポイント」について解説しました。

  • 人事制度とは
  • 人事制度の目的
  • 見直し・改定のポイント
  • 人事制度を見直すことで期待できる効果

人事制度を見直し・改定には、費用や労力がかかります。しかし、得られるメリットは大きく会社のさらなる成長に役立ちます。人事制度の見直し・改定を検討中の方は、一度専門家にご相談ください。

問い合わせ

Contact

人事制度でお悩みの方はお気軽にご相談ください。