なぜ人事制度を見直すと業績が向上するのか?

なぜ人事制度を見直すと業績が向上するのか?

会社の業績が思ったように伸びず、お悩みの経営者の方もいらっしゃるのではないでしょうか。そのお悩みは、人事制度見直しを行うことで解決の手助けとなるかもしれません。そこで今回は「人事制度を見直すと業績が向上する理由」についてまとめました。

人事制度とは

人事制度とは、会社が従業員管理の効率化を図ったり、従業員のモチベーションやスキルの向上を図るために、処遇や働き方など人事に関するいろいろなルールを定めたりする仕組み全般のことです。
会社における「人事制度」の位置付けとしては、経営資源である「ヒト・モノ・カネ」の中で「ヒト(人)」に関する仕組みになります

人事制度の目的

人事制度の目的は、人的資源を有効的に活用することです。社員のタレントやパフォーマンスを最大限に引き出し、会社全体の生産性を向上させます。また、会社方針を社員に示す指針とする役割もあります。

人事制度を見直すと業績が向上する理由

生産性の向上

社員の業績や能力に見合った昇給・昇格を行なうことで、社員のモチベーションが向上し、より高い成果や能力習得を目指し業務に励むことになるため、一人ひとりの生産性が向上します。個人だけではなく会社全体の生産性向上も期待できます。

適材適所の人材配置

評価によって、社員の適性を把握でき、能力を十分に発揮できる部署へと配置転換させることも可能です。社員にあった仕事を振ることで作業効率が上がり、会社全体の成長につながります。

人材育成の促進

評価の実施により、個人の課題を明確にすることができます。また、評価基準を社員に伝えることで、会社の方針を社員と共有することができ、社員を会社の求める人材へ成長を促すことができます。

まとめ

このページでは「人事制度を見直すと業績が向上する理由」について解説しました。

  • 人事制度とは
  • 人事制度の目的
  • 人事市度を見直すと業績が向上する理由

人事制度を見直すことで、経営資源である「ヒト・モノ・カネ」の中の最も重要である「ヒト」を最大限に有効活用することが可能となります。人事制度の見直しをご検討中の方は、ぜひ一度専門家にご相談ください。

問い合わせ

Contact

人事制度でお悩みの方はお気軽にご相談ください。