そもそも人事制度とは?役割・目的・設計手順についてわかりやすく解説

そもそも人事制度とは?役割・目的・設計手順についてわかりやすく解説

人事制度を導入している企業やこれから導入することを検討している企業は多いと思います。では、なぜ人事制度は必要なのでしょうか。人事制度がそこで今回は「人事制度の役割・目的・設計手順」についてまとめました。

人事制度とは

人事制度とは、会社が従業員管理の効率化を図ったり、従業員のモチベーションやスキルの向上を図るために、処遇や働き方など人事に関するいろいろなルールを定めたりする仕組み全般のことです。
会社における「人事制度」の位置付けとしては、経営資源である「ヒト・モノ・カネ」の中で「ヒト(人)」に関する仕組みになります。

人事制度の目的

人事制度の目的は、人的資源を有効的に活用することです。社員のタレントやパフォーマンスを最大限に引き出し、会社全体の生産性を向上させます。また、会社方針を社員に示す指針とする役割もあります。

人事制度の設計手順

現状分析

賃金分析・社員アンケート

STEP
1

制度設計

等級制度・評価制度・賃金制度

STEP
2

制度導入

規程改訂・社員説明会など

STEP
3

制度移行(制度検証メンテナンス・評価者研修)

制度検証メンテナンス・評価者研修など

STEP
4

制度運用

STEP
5

まとめ

このページでは「人事制度の役割・目的・設計手順」について解説しました。

  • 人事制度とは
  • 人事制度の目的
  • 人事制度の設計手順

人事制度は、 経営資源である「ヒト・モノ・カネ」の中の最も重要である「ヒト」をマネジメントする制度です。人事制度を有効的に活用することで、会社の成長や人材確保につながります。人事制度の導入・見直しをご検討中の方は、一度専門家に相談することをおすすめします。

問い合わせ

Contact

人事制度でお悩みの方はお気軽にご相談ください。