家族手当とは?導入メリットと今後について

家族手当とは?導入メリットと今後について

多くの企業で取り入れられている手当の一つである家族手当。しかし近年では、家族手当を廃止する企業が増えてきています。そこで今回は「家族手当の導入メリットと今後」についてまとめました。

家族手当とは

家族手当とは、社員が扶養している家族に応じて、会社が支給する手当のことです。扶養手当と呼ばれたり、支給対象を配偶者に絞った配偶者手当というものもあります。家族手当は、法律で義務付けられた手当ではないので、手当の有無や支給額、支給条件については、企業によって異なります。

家族手当のメリット

家族手当は、会社が家族のいる社員の生活の負担を減らすことを目的とした福利厚生の一つです。家族手当があることで、社員の満足度が上がり、離職率の低下や人材確保につながることが期待できます。

家族手当を廃止する企業が増えている?

家族手当は、多くの企業で導入されている手当の1つです。しかし近年では、家族手当の廃止を検討する企業が増えています。

共働き世帯の増加

共働き世帯の増加により、ダブルインカム世帯が主流となってきました。そのため、配偶者の収入が家族手当の支給条件を上回り、支給対象が減少しています。 家族手当が時代に合わなくなってきたため、廃止となるケースが増えています。

成果主義との共存が難しいから

家族手当は、社員の成果や働きぶりにかかわらず、一定額支給される制度です。そのため、成果主義である企業や優秀な社員は、成果に準じない報酬は不公平だと感じることがあります。その結果、家族手当が廃止されることがあります。

配偶者控除の改正による影響

配偶者控除の改正によって、配偶者の収入の制限が緩和されました。そのことによって、配偶者控除適用が家族手当の支給条件にしていた企業は、支給対象者増加してしまうことを避けるために、法改正に伴い廃止する企業が増加しました。また、配偶者控除の制限緩和に伴い、配偶者の収入が増加したことも原因の一つだと考えられます。

まとめ

このページでは「家族手当の導入メリットと今後」について解説しました。

  • 家族手当とは
  • 家族手当のメリット
  • 家族手当を廃止する企業が増えている?

時代の流れにより、ライフスタイルも多様化しています。手当も時代に合わせて見直しを行う必要があるのかもしれません。手当の統廃合は、社員にとって不利益な変更となる場合があるので、注意が必要です。手当の統廃合をご検討中の方は、一度専門家に相談することをおすすめします。

問い合わせ

Contact

人事制度でお悩みの方はお気軽にご相談ください。