人事制度の導入・運用が失敗する3つの原因

人事制度の導入・運用が失敗する3つの原因

働き方改革や事業拡大に伴って、人事制度導入を検討している経営者や人事担当者の方も多くいらっしゃるのではないでしょうか。そこで今回は「人事制度の導入・運用が失敗する3つの原因」についてまとめました。

1.導入スケジュールを作成しない

人事評価制度を導入する際は、導入スケジュールを必ず設計し、社員に周知しましょう。事前に周知していないと、社員が混乱してしまったり、評価者が準備や事前確認することができなくなってしまいます。準備不足によって、管理や評価の主旨を社員が理解できていないのは、人事評価制度の運用が失敗する要因のひとつです。

2.評価基準が不明確

評価基準が不明確だと、公平な評価が行えず人事評価エラーを引き起こしてしまいます。評価を受けた社員も評価に対して、不満を抱いてしまうかもしれません。評価基準を明示することで、社員が評価を意識した行動をするようになり、会社の求める人材へと成長を促すことができます。

3.社員の意見を尊重しない

経営者や人事担当者が人事評価制度を社員の意見を聞かずに導入・運用すると、社員と齟齬が生まれてうまく機能しないことがあります。また、意見が偏ってしまったり、人事評価エラーのもとになってしまうので、社員の意見を取り入れるようにしましょう。

まとめ

このページでは「人事制度の導入・運用が失敗する3つの原因」について解説しました。

  • 導入スケジュールを作成しない
  • 評価基準が不明確
  • 社員の意見を尊重しない

人事制度導入には、手間が掛かったり、費用が発生したりするので失敗できないですよね。人事制度導入を検討中の方は、一度専門家に相談してみませんか?

問い合わせ

Contact

人事制度でお悩みの方はお気軽にご相談ください。