評価制度

評価制度とは、人事評価制度を構成する要素の一つであり、社員の業務成果やその内容を評価する指標を定めた制度のことを言います。

分かりやすく簡単に言うと、「人事評価制度」が社員を評価するシステムであり「評価制度」はそれを構成するツールの一つです。定められた指標を根拠に社員の評価期間内の業績や行動が査定され、その結果はもちろん「等級」「報酬」といった他の要素にも影響します。

何を評価するか(評価の対象項目)どうやって評価するか(評価の方法)といった評価基準を打ち出すことで、企業は社員に対して企業の方向性や経営理念をわかりやすく提示することができ、社員は打ち出された評価基準を手掛かりに企業側の想いとマッチした行動目標を定めやすくなります。

人事制度チェックシートを無料でプレゼントします!!

このチェックシートは、自社の各種人事施策の整備状況を把握することができる内容となっています。

経営環境が不透明かつ変化スピードが加速化している状況下において、企業経営の成果を左右する要因(資源)は人です。 現場の最前線で働く社員が意欲的に仕事へ取組むことのできる多様な人事施策を整備し、運用する。これからの企業経営において大変重要な成功要因です。

ぜひ、自社の人事施策の整備状況を点検してみてください。

お問い合わせ

Contact

人事制度でお悩みの方はお気軽にお問い合わせください。
各サービスの資料もお気軽にご請求ください。