中心化傾向

中心化傾向(中央化傾向)とは、人事評価において評価者がさまざまな心理的要因によって中央値に偏った評価をつけてしまうことで、例えば5段階で評価する場合だと中央(中心)の3の評価ばかりつけてしまうことです。

中心化傾向の原因には下記のようなものがあります。
・部下のことをしっかりと見ていないため適正な評価ができない
・極端な評価をつけて部下に嫌われたくない
・評価基準があいまいなため評価がつけづらい

中心化傾向の評価が行われると、被評価者である部下は「成果を出しても出さなくても、頑張っても頑張らなくても評価は同じだ」とやる気やモチベーション、向上心が失われてしまいます。

人事制度チェックシートを無料でプレゼントします!!

このチェックシートは、自社の各種人事施策の整備状況を把握することができる内容となっています。

経営環境が不透明かつ変化スピードが加速化している状況下において、企業経営の成果を左右する要因(資源)は人です。 現場の最前線で働く社員が意欲的に仕事へ取組むことのできる多様な人事施策を整備し、運用する。これからの企業経営において大変重要な成功要因です。

ぜひ、自社の人事施策の整備状況を点検してみてください。

お問い合わせ

Contact

人事制度でお悩みの方はお気軽にお問い合わせください。
各サービスの資料もお気軽にご請求ください。