人事制度を導入するタイミングは

人事制度を導入するタイミングは

人事制度を導入していない中小企業は少なくありません。人事制度を導入した方がいいのかお悩みの経営者の方もいらっしゃるのではないでしょうか。人事制度を導入する際は、そこで今回は「 人事制度を導入するタイミング」についてまとめました。

人事制度とは

人事制度とは、半年に1回、1年に1回など、定期的に社員の能力や貢献度などについて評価して、評価に応じて昇給・賞与などの賃金や昇進などに処遇するための制度です。
基本的に人事制度は「評価制度」「等級制度」「報酬制度」という3つの制度から構成されます。

等級制度

等級制度は、社内の序列である等級を定義づけるとともに、各等級に与えられる権限や役割を決定する制度です。

評価制度

評価制度は、従業員の行動や業績を評価するための制度です。企業の評価方針を定めたうえで従業員の行動指標を策定し、評価対象期間における従業員の働きを指標に基づいて評価します。ここでの評価が従業員の等級や報酬を左右します。

報酬制度(賃金制度)

報酬制度は、従業員一人ひとりの報酬、つまり給与や賞与の金額を決定するための制度です。評価や等級を基にすることで、従業員の能力や役割に見合った報酬を決めることが可能になります。

人事制度を導入するタイミング

会社規模が拡大したとき

事業拡大に伴い会社規模が拡大すれば、社員数も増えます。社員が増えると経営者が社員全員の勤務状況や業績を把握することができなくなり、評価ができなくなります。社員数が10人を超えたら人事制度導入を検討するタイミングです。

環境が変化したとき

近年、働き方改革の影響で企業は対応を求められています。特に同一労働同一賃金に対応できてない場合は、早急に対応する必要があります。また、コロナ禍や働き方の多様化でテレワークなども増えてきています。その時の環境にあった人事制度を運用する必要があります。

社員からの不満が大きくなったとき

自分の貢献度や頑張りを評価されていないと感じると、社員から不満の声が上がったり、離職者が増えてしまう可能性があります。優秀な人材確保・育成するためにも、人事制度は重要です。

まとめ

このページでは「人事制度を導入するタイミング」について解説しました。

  • 人事制度とは
  • 人事制度を導入するタイミング

人事制度を導入することで、会社をますます発展させたり、優秀な人材確保につながります。人事制度の導入をご検討中の方は、一度専門家に相談してみるいいかもしれません。

問い合わせ

Contact

人事制度でお悩みの方はお気軽にご相談ください。