テレワークに必須の電子印鑑・電子署名・電子契約について解説

テレワークに必須の電子印鑑・電子署名・電子契約について解説

近年、テレワークを導入する企業が増加しており、対面でなくても使用できるツールが注目を集めています。そこで今回は、「テレワークに必須の電子印鑑・電子署名・電子契約について解説 」について解説をします。

電子印鑑

電子印鑑とは、印鑑をデータしたものです。PDFなどにデータ化された書類に対して、押印できます。電子印鑑には2つ種類があります。

印影を画像化したもの

ひとつは、印影を画像化したものです。実際の印影をスキャナなどで取り込み、背景を透過させて作成します。また、元の印鑑がなくても、Word等で自分で作ったり、フリーソフトやオンラインの印鑑ショップ や電子印鑑作成サービスで、より質の高いデザインのものを注文したりすることができます。 ただし、複製されやすいので効力は薄いです。電子署名法の要件を満たさないので、法的な効力を持たない認印と同じような使い方になります。

印影に識別情報が保存されるもの

もうひとつは、印影の画像データに使用者の識別情報が保存されるものです。印影にタイムスタンプ情報などが組み込まれているので、いつ・誰が押印したのかが確認できます。導入コストが掛かったり、取引先との同意は必要とはなりますが、電子署名法の要件を満たしているので、契約書や請求書といった社外文書にも使用することができます。

電子署名

電子署名とは、その電子文書が正式なものであり、かつ改ざんされていないことを証明するものです。電子文書は、直接押印したり、署名することができないため、電子署名を使用します。

電子署名は、データが正しいものであると証明する「公開鍵」と、送信者がデータをする「秘密鍵」を利用した公開鍵暗号基盤(PKI)が使われており、データの改ざん検知と署名者の特定を行うことができます。

電子契約

電子契約とは、電子文書に電子署名することで締結する契約のことです。近年、リモートワークの導入が進み、電子契約を導入する企業が増えてきています。

まとめ

このページでは、「テレワークに必須の電子印鑑・電子署名・電子契約について解説 」について解説しました。

  • 電子印鑑
  • 電子署名
  • 電子契約

今後もリモートワークを導入する企業が増えてくると予想され、非対面で利用できる電子印鑑や電子署名、電子契約などを導入する必要がでてきます。ぜひ、この機会に一度ご検討ください。

問い合わせ

Contact

人事制度でお悩みの方はお気軽にご相談ください。