複線型人事制度についてわかりやすく解説

複線型人事制度についてわかりやすく解説

近年、働き方が多様化しています。それに伴って、複線型人事制度というものが注目を集めています。そこで今回は「複線型人事制度」についてまとめました。

複線型人事制度とは

複線型人事制度とは、複数のキャリアを選べるコースを設定する人事管理制度のことです。自分でキャリアの進む方向性を選択するため、主体的なキャリア形成が実現可能となります。

複線型人事制度のパターン

キャリア志向にあわせた分け方

まず、キャリア志向に合わせたコース設定です。総合職、一般職、専門職と表現されることが多いです。総合職はマネジメントを行う管理職を目指すコース、一般職は職務や勤務地などを限定するコース、専門職は専門分野に特化したコースです。

職群を軸にした分け方

職群によってキャリアコースを設定することもあります。研究職や技術職、弁護士や会計士、企画やマーケティングなどそれぞれの専門職によって職群別のキャリアコースを設定することができます。

まとめ

このページでは「複線型人事制度」について解説しました。

  • 複線型人事制度とは
  • 複線型人事制度のパターン

働き方が多様化している現代では、働き方が選べる複線型人事制度の注目を集めています。近年、深刻な人材不足でお悩みの経営者の方は少なくないと思います。複線型人事制度を導入することで、より会社が求める人材にマッチした人を採用することが可能となります。また、人事制度でお悩みの方は、一度専門家に相談するといいかもしれません。

問い合わせ

Contact

人事制度でお悩みの方はお気軽にご相談ください。