退職金制度の問題点と見直しの必要性

退職金制度の問題点と見直しの必要性

退職金制度を導入している企業の中には、退職金が財政を圧迫してきて制度廃止を検討している方もいらっしゃるのではないでしょうか。平成24年3月31日に適格年金が廃止され、近年では退職金制度を見直したり、廃止する企業も増えてきています。そこで今回は、「 退職金制度の問題点と見直しの必要性 」について解説します。

退職金の現状

退職金制度とは、一般的に退職する際に会社から退職者に退職金が支給される制度です。退職金は、定年退職する際に限らず、自己都合による退職や解雇を受けたとき、社員が死亡した場合も支給対象となります。退職金の支給は義務付けられていないので、企業が独自の算出方法で支給額を自由に決定しています。近年では、人事制度が年功序列から多様化したことや働き方の変化などの面から時代に合わなくなってきており、退職金制度を見直したり、制度を廃止する企業が増えてきています。

退職金の問題点

退職金は、まとまった資金が必要とするため、定年退職者以外の予期せぬ中途退職者が出た場合、退職金の支給により会社の財政状態を悪化させてしまう可能性があります。退職金の減額や廃止は、社員にとって不利益となる変更のため、簡単にはできず、慎重にしなければなりません。

今後の退職金

以前は終身雇用制が主流でしたが、現在は様々な働き方があります。優秀な人材確保のために導入されてきた退職金制度ですが、退職金として支給していた報酬は、給与や賞与として支給することもできます。転職が当たり前となってきた現代では、優秀な人材を確保するため、時代に合わせて制度を見直しして、改革する必要があります。

まとめ

このページでは、 「 退職金制度の問題点と見直しの必要性 」について解説しました。

  • 退職金の現状
  • 退職金の問題点
  • 今後の退職金

働き方が多様化してきている現代では、退職金制度も見直す必要があります。退職金のメリットである優秀な人材確保は、人事評価制度を見直すことで補うことができるかもしれません。人材確保・定着ができずにお悩みの方は、一度専門家にご相談ください。

問い合わせ

Contact

人事制度でお悩みの方はお気軽にご相談ください。