成果主義とバンド型賃金制度

成果主義とバンド型賃金制度

自社に成果主義を取り入れている経営者の方や成果主義をこれから導入したいとお考えの経営者の方は多いと思います。では、成果主義に適したバンド型賃金制度をご存知でしょうか?そこで今回は「成果主義とバンド型賃金制度」についてまとめました。

成果主義とは

成果主義とは、成果物や業績またはそのプロセスに対して評価をすることです。年齢や勤続年数に関係なく、成果を上げた社員が給料が高くなっていくという仕組みです。

メリット

業務に対するモチベーションが上がる

成果主義では、成果を上げることで給料が上がるので、モチベーションが上がります。社員は頑張った分昇進や昇格に反映するため、満足感を得ることができます。

人件費を適切なところに資金配分できる

成果主義は成果を上げた優秀な社員に人件費を割くことができるます。業績の上がらない社員については、給料を上げる必要がないので、無駄な人件費を支払う必要がありません。

優秀な人材を確保しやすい

成果主義は、仕事ができる優秀な社員ほど給料が高くなるので、優秀な人材を確保しやすいです。

デメリット

評価基準が複雑化する

成果主義は、成果を客観的に正しく評価するために、評価項目が複雑化します。特に、事務部門や研究部門など成果を数値化しにくい部門は、評価することが難しくなります。また、評価基準にバラツキが生まれると社員の不満が高まります。

社員が孤立化する

成果主義は、成果を重視するので、個人プレーとなりがちです。そのため、チームワークが悪くなり業務に悪影響をおよぼす危険性があります。

バンド型賃金制度とは

バンド型賃金制度とは、職務あるいは等級、役割別に一定の賃金範囲をバンド区分として設定し賃金を決定する制度です。社員の評価によってバンドの範囲内で賃金が変動します。賃金に変動性を持たせることができるため、成果によって評価が変動する成果主義に適した賃金制度と言えます。

まとめ

このページでは「成果主義とバンド型賃金制度」について解説しました。

  • 成果主義とは
  • バンド型賃金制度とは

成果主義を取り入れていたり、これから成果主義を導入することを検討している経営者の方は、ぜひバンド型賃金制度も併せてご検討ください。また、人事評価や賃金制度でお悩みの方は一度専門家に相談することをおすすめします。

問い合わせ

Contact

人事制度でお悩みの方はお気軽にご相談ください。