サービス料金

サービス料金

派遣業以外の一般的な業種の場合

標準価格

66万円~(税込)

5職種30名以下

追加料金

11万円(税込)

1職種当り

1.1万円(税込)

社員1名当り

※職種追加に伴う費用は職種別等級別に評価シートを作成するための工数増加に伴う費用となります。
※社員増加に伴う費用は社員1名ごとに賃金明細の切替え・昇給・賞与シミュレーションを行うための工数増加に伴う費用となります。
※詳しい見積はお問い合わせください。ヒアリングをもとに、詳細な見積を作成いたします。

派遣業の場合

標準価格

66万円~(税込)

5職種30名以下

追加料金

5.5万円(税込)

1職種当り

※職種追加に伴う費用は職種別等級別に評価シートを作成するための工数増加に伴う費用となります。
※詳しい見積はお問い合わせください。ヒアリングをもとに、詳細な見積を作成いたします。


オプションサービス

賃金分析

【分析内容】
在籍社員を対象とし、現状の賃金水準を多面的に分析し、レポートを作成します。
賃金分析を行うことで、世間相場と比較した自社相場のポジション確認し、現状の賃金課題と改定コンセプトの明確化することができます。

【分析視点】
以下の視点から自社の賃金水準や課題を客観的に抽出します。
視点:年齢別賃金分布、勤続年数別賃金分布、等級別賃金分布、役職別賃金分布、年齢別業界・地域比較

【分析レポート】
上記分析結果をもとに課題と対策をとりまとめた報告書を作成します。

同一労働同一賃金対応

正社員だけでなく、非正規社員を対象とした制度設計も対応可能です。
パートタイマーや再雇用者と正社員の処遇格差に対する妥当性を担保するための定義設計や正社員転換制度等も含めた非正規向け人事制度設計も行いますので、気軽にご相談ください。

社員説明会の開催

新制度を導入する際に社員への説明会を開催される場合、制度に関する説明をコンサルタントにて実施します。
外部の専門家による説明を取り入れることで、客観性や公平性を社員に伝えることができます。

格付通知書、規程類の整備

賃金制度の見直しに伴い必要となる賃金規程の改訂や、各社員に発行する新制度に関する通知書を作成します。

評価者研修

新制度の内容をもとに、評価者を対象とした研修会を開催します。
評価の目的や評価者の役割、評価エラーが発生する要因と対策、評価目線のすり合わせ等各社の制度に則した内容で開催します。

制度運用サポート

評価制度の運用スケジュールに合わせて評価アナウンスや評価表の集計、評定検討資料の作成、評定会議への参加、賞与・昇給資料の作成等制度運用の実務的サポートを年間を通じて行います。

※費用は規模や回数に応じて異なりますので、各オプションを希望される場合、ヒアリングをもとに詳細な費用と実施スケジュールを提示させていただきます。


オンラインコンサルティング

サービス内容

オンラインコンサルティングは、Web会議システムを活用してオリジナルの人事制度づくりが行えるコンサルティングサービスです。

料金

オンラインコンサルティングは、5職種30名以下を標準として価格を設定しています。6職種以上もしくは31名以上の場合はそれぞれ追加料金が必要です。

コンサルティングの流れ

オンラインコンサルティングの流れとしては、等級制度・評価制度・賃金制度の各制度の設計と概要説明書の作成を4つのステップで行っていきます。

オフラインとの違い

訪問対面型のオフラインコンサルティングでは、実際に会社に訪問しているからわかる雰囲気などのメリットがありますが、オンラインにはまた別のメリットがあります。

クラウドとの違い

世の中にはインターネット上のページから人事評価を行うことができるクラウド型の人事評価システムがありますが、オンラインコンサルティングは全く違うものになります。

対応業種一覧

オンラインコンサルティングでは、各業界に対応した標準的な評価項目やモデル賃金を設定しているので、オリジナルの制度を短時間で設計することを可能としました。

人事制度構築・見直しに関することならお気軽にご相談ください。

制度設計の経験豊富なベテランコンサルタントが対応させていただきます。