コンサルティングの流れ

制度設計の流れ

オンラインコンサルティングでは、人事制度を構成する3つの柱である等級制度・評価制度・賃金制度(報酬制度)を設計していくことで人事制度づくりを行い、「概要説明書」「評価シート」「賃金資料」という人事資料を完成させます。

STEP
現状分析

現状の処遇設定(基本給や諸手当)や人事関連資料から人事制度の課題、就業規則や賃金規程から正社員と非正規社員の待遇差に関する課題を明確にします。

STEP
制度方針の決定

現状分析から抽出した課題を基に、新たな人事制度の基本的な考え方やフレームワーク、作成する資料を精査し、決定します。

STEP
制度設計

①等級制度の設計

介護スタッフの能力を最大限に活用することができるコースを区分し、各コースの等級定義(役割や必要要件(能力や資格・免許、研修内容等))や昇格ルールを設定します。

②評価制度の設計

職種単位で等級別に専門的な仕事や職場での役割をまとめた評価表と面談シートを作成し、評価表の運用スケジュールや評価結果を処遇へ反映するルールを設定します。

③賃金制度の設計

等級に応じた基本給表や、各コース、資格、研修等の受講歴に合わせた手当等を設計します。

④制度検証

設計した制度内容の妥当性を検証するために、基本給の改定や昇給、賞与支給に関するシミュレーションや、各コースのキャリアイメージに合わせたモデル賃金を作成します。
尚、モデル賃金は施設の所在地で公表されている同業界の地域相場と比較可能な内容となります。

STEP
制度完成

各制度の内容をとりまとめた概要説明書や評価関連資料、賃金表や各シミュレートシート、モデル賃金等の資料をとりまとめます。


オンラインコンサルティング

サービス内容

オンラインコンサルティングは、Web会議システムを活用してオリジナルの人事制度づくりが行えるコンサルティングサービスです。

料金

オンラインコンサルティングは、5職種30名以下を標準として価格を設定しています。6職種以上もしくは31名以上の場合はそれぞれ追加料金が必要です。

コンサルティングの流れ

オンラインコンサルティングの流れとしては、等級制度・評価制度・賃金制度の各制度の設計と概要説明書の作成を4つのステップで行っていきます。

オフラインとの違い

訪問対面型のオフラインコンサルティングでは、実際に会社に訪問しているからわかる雰囲気などのメリットがありますが、オンラインにはまた別のメリットがあります。

クラウドとの違い

世の中にはインターネット上のページから人事評価を行うことができるクラウド型の人事評価システムがありますが、オンラインコンサルティングは全く違うものになります。

対応業種一覧

オンラインコンサルティングでは、各業界に対応した標準的な評価項目やモデル賃金を設定しているので、オリジナルの制度を短時間で設計することを可能としました。

マンガでわかるオンラインコンサルティング

オンラインコンサルティングの人事制度づくりの流れとサービスの概要を30秒でサラリと読むことができるマンガでご紹介しています。

人事制度構築・見直しに関することならお気軽にご相談ください。

制度設計の経験豊富なベテランコンサルタントが対応させていただきます。