オンラインとオフラインの違い

オフライン(対面)コンサルティングとは

オフラインコンサルティングは、これまで一般的に行われてきた対面型のコンサルティングのことで、コンサルタントがクライアントの会社を訪問して、会議室やミーティングルーム等で顔を突き合わせてミーティングを行います。
会社の規模にもよりますが、人事制度づくりは経営者だけでなく複数のメンバーが参加するプロジェクト推進が基本となりますので、訪問の都度メンバー全員が集まることでプロジェクトへの参加意識が高まりますし、コンサルタントは実際に会社の雰囲気を肌で感じることができます。

オフラインとオンラインコンサルティングの違い

オンラインコンサルティングでは、Zoom等のWeb会議ツールを活用することで、コンサルタントがクライアントの会社を訪問することなく、オンラインで人事制度づくりを行うことができます。
オフライン(対面)とオンラインの違いは「会社を訪問してるかどうか」「実際に顔を突き合わせているかどうか」という物理的な面だけで、内容に関してはオフラインと変わらないレベルのサービスを提供することが可能です。

オンラインのメリット

  • コンサルタントの移動にかかる旅費(交通費や宿泊費)を削減できる
  • 新型コロナウィルス等の感染拡大を防げる

オンラインのデメリット

  • ネット回線によってはうまくつながらないことがある(音声が聞きづらい、途切れる等)
  • 現場の雰囲気や状況等をコンサルタントが肌で感じることができない

オンラインコンサルティング

サービス内容

オンラインコンサルティングは、Web会議システムを活用してオリジナルの人事制度づくりが行えるコンサルティングサービスです。

料金

オンラインコンサルティングは、5職種30名以下を標準として価格を設定しています。6職種以上もしくは31名以上の場合はそれぞれ追加料金が必要です。

コンサルティングの流れ

オンラインコンサルティングの流れとしては、等級制度・評価制度・賃金制度の各制度の設計と概要説明書の作成を4つのステップで行っていきます。

オフラインとの違い

訪問対面型のオフラインコンサルティングでは、実際に会社に訪問しているからわかる雰囲気などのメリットがありますが、オンラインにはまた別のメリットがあります。

クラウドとの違い

世の中にはインターネット上のページから人事評価を行うことができるクラウド型の人事評価システムがありますが、オンラインコンサルティングは全く違うものになります。

対応業種一覧

オンラインコンサルティングでは、各業界に対応した標準的な評価項目やモデル賃金を設定しているので、オリジナルの制度を短時間で設計することを可能としました。

マンガでわかるオンラインコンサルティング

オンラインコンサルティングの人事制度づくりの流れとサービスの概要を30秒でサラリと読むことができるマンガでご紹介しています。

問い合わせ

Contact

人事制度でお悩みの方はお気軽にご相談ください。