クラウドサービスとの違い

クラウドサービスとクラウド型評価システム

クラウドサービスとは、インターネットなどのネットワークを通じてサービスを提供するもので、ユーザー側はブラウザとインターネットを閲覧する環境があれば基本的にはどの端末(パソコン・スマホ・タブレットなど)からでも利用することができます。クラウドサービスの一番の特長としては、サービスのソフトウェアもデータも全てクラウド上で保管されているということです。

クラウド型人事評価システムとは、これまで紙ベースのアナログで行っていた評価プロセス(本人による一次評価・上司による二次評価・評定会議での評価結果の入力や集計)をブラウザから人事評価システムにアクセスして行うことで、評価過程や評価結果を見える化し、同時に評価プロセスの効率化を図ることができるというものです。
一般的にクラウド型人事評価システムというと、人事評価制度を設計構築するものではなく、完成した人事評価制度を運用するためのものを指しますが、中には制度設計を行うことができるものもあります。

クラウド型評価システムとオンラインコンサルティングの違い

クラウド型人事評価システムを使ってクラウド上で制度設計を行うこととオンラインコンサルティングで制度設計を行うことの違いは下記の通りです。

オンラインコンサルティングは各業界に対応したオリジナルの人事制度を作ることができる

ほとんどのクラウド型人事評価システムでは業界ごと職種ごとの評価項目ではなく汎用的な評価項目が用意されていますが、オンラインコンサルティングでは業界ごとの各職種に合わせた職務内容を評価項目として標準で用意しています。

オンラインコンサルティングは評価制度だけでなく賃金制度設計も含まれている

クラウド型人事評価システムには賃金制度は含まれていないものがほとんどですが、オンラインコンサルティングは評価制度だけでなく賃金制度まで含んだサービスなので、人事制度を構成する「等級制度」「評価制度」「賃金制度」という3つの制度を作ることができます。

オンラインコンサルティングはコンサルタントのサポートを受けながら一緒に設計・導入することができる

クラウド型人事評価システムで制度設計する際は自分一人で考えて作っていくことになりますが、オンラインコンサルティングではコンサルタントがサポートしながら一緒に制度設計・導入を行うことができます。


オンラインコンサルティング

サービス内容

オンラインコンサルティングは、Web会議システムを活用してオリジナルの人事制度づくりが行えるコンサルティングサービスです。

料金

オンラインコンサルティングは、5職種30名以下を標準として価格を設定しています。6職種以上もしくは31名以上の場合はそれぞれ追加料金が必要です。

コンサルティングの流れ

オンラインコンサルティングの流れとしては、等級制度・評価制度・賃金制度の各制度の設計と概要説明書の作成を4つのステップで行っていきます。

オフラインとの違い

訪問対面型のオフラインコンサルティングでは、実際に会社に訪問しているからわかる雰囲気などのメリットがありますが、オンラインにはまた別のメリットがあります。

クラウドとの違い

世の中にはインターネット上のページから人事評価を行うことができるクラウド型の人事評価システムがありますが、オンラインコンサルティングは全く違うものになります。

対応業種一覧

オンラインコンサルティングでは、各業界に対応した標準的な評価項目やモデル賃金を設定しているので、オリジナルの制度を短時間で設計することを可能としました。

人事制度構築・見直しに関することならお気軽にご相談ください。

制度設計の経験豊富なベテランコンサルタントが対応させていただきます。