人事制度設計構築(改定見直し)のスケジュールは?

人事制度設計構築(改定見直し)のスケジュールは?

人事制度を導入していない会社の経営者や人事担当者は、具体的にどのような手順と予定で人事制度を構築していくのかがわからないと思いますので、今回は人事制度設計スケジュールについてまとめてみました。

人事制度とは

人事制度とは、会社が従業員管理の効率化を図ったり、従業員のモチベーションやスキルの向上を図るために、処遇や働き方など人事に関するいろいろなルールを定めたりする仕組み全般のことです。
会社における「人事制度」の位置付けとしては、経営資源である「ヒト・モノ・カネ」の中で「ヒト(人)」に関する仕組みになります。

人事制度の構成要素

人事制度の構成要素は等級制度・評価制度・賃金制度(報酬制度)の3つの柱があります。それぞれの制度は密接に関係しあっていて、評価の結果によって等級や報酬が決定され、等級ごとに評価基準や報酬内容が変化します。

等級制度従業員の格付け
評価制度一定期間における仕事ぶり
賃金制度(報酬制度)従業員の貢献に応じて人件費を配分

人事制度設計の概要スケジュール

人事制度づくり(人事制度設計)は等級制度・評価制度・賃金制度という3つの柱をつくることなのですが、つくっていくためには手順や流れというものがあります。下記は人事制度設計の流れ(概要スケジュール)になります。

現状分析

賃金分析・社員アンケート

STEP
1

制度設計

等級制度・評価制度・賃金制度

STEP
2

制度導入

規程改訂・社員説明会など

STEP
3

制度移行(制度検証メンテナンス・評価者研修)

制度検証メンテナンス・評価者研修など

STEP
4

制度運用

STEP
5

人事制度設計・導入・運用スケジュール表(例)

上記の人事制度設計の流れをより詳しくしたものが下記スケジュール表です。オリジナル人事制度の場合、設計から導入・運用まで行うのに2年間かけて進めていくことになります。

区分期日詳細
制度方針策定5月〜6月現状分析
 賃金分析
 社員アンケート
制度設計6月〜翌年4月等級制度
 等級制度設計
 概要説明書(評価制度編)の作成
評価制度
 評価制度設計
 概要説明書(評価制度編)の作成
賃金制度
 賃金制度設計
 賃金制度の検証
 賃金制度の移行
 概要説明書(賃金制度編)の作成
制度導入翌年5月賃金規程の改訂
格付通知書の作成
社員説明会の開催
制度移行翌年6月〜翌年4月賃金制度の検証①(夏季賞与)
評価者研修の実施①
評価シートの試験運用①(四半期)
評価シートのメンテナンス
評価者研修の実施②
評価シートの試験運用②(四半期)
賃金制度の検証②(冬季賞与)
賃金制度の検証③(昇給)
制度総合検証
制度運用翌年4月新制度本格運用開始

まとめ

このページでは「人事制度設計スケジュール」についてお伝えしてきました。

  • 人事制度とは
  • 人事制度の構成要素
  • 人事制度設計の概要スケジュール
  • 人事制度設計・導入・運用スケジュール表

人事制度は設計するのが目的ではありません。人事制度は導入し運用して初めて意味があるものになりますので、制度の導入で失敗しないために専門家の活用を検討するのも一つの手だと思います。

人事制度構築・見直しに関することならお気軽にご相談ください。

制度設計の経験豊富なベテランコンサルタントが対応させていただきます。