退職金制度の企業と従業員それぞれのメリット・デメリット

退職金制度の企業と従業員それぞれのメリット・デメリット

日本独自のシステムとして多くの会社で導入されていた退職金と退職金制度ですが、今では退職金制度を採用していない企業もあります。今回は「退職金制度の企業と従業員それぞれのメリット・デメリット」についてまとめてみました。

退職金制度とは

退職金制度とは、従業員がを退職する際に企業から支給する制度のことです。退職金制度は法律で支給が決められているものではなく企業独自の制度なので、支給金額なども各企業が自由に設定しています。基本的には金銭で支給しますが土地や不動産などを現物支給することも可能です。

退職金制度のメリット・デメリット

企業側の退職金制度のメリット

企業にとって退職金を導入するメリットはいろいろありますが

  • 従業員に長期間働いてもらえる
  • 優秀な人材を確保しやすくなる

上記二点が大きなメリットです。特に採用においては、終身雇用や年功序列が崩壊した現在において「長期間働いたらより多く退職金が支給される」ということはとても魅力的な条件と言えますし、結果として早期離職を防いで離職率の低下を図ることができます。

企業側の退職金制度のデメリット

企業にとって退職金制度を導入するデメリットは、法律では義務付けられていない退職金の支給が義務化されてしまうことです。それにより、社会情勢は会社の状況に関わらず一時的に多額の支払いが発生して、資金的に苦しくなることがあります。

従業員側の退職金制度のメリット

従業員にとっての最大のメリットは退職後に必要なお金を会社が準備してくれるということです。退職金制度がない会社だと従業員自身が月々の給与や賞与を計画的に積み立てる必要があります。将来的な心配が少なくなることで安心して働くことができます。

従業員側の退職金制度のデメリット

退職金制度があることでの従業員にデメリットは基本的にはありません。強いて言えばになりますが、退職金は賃金の一部ですが、給与や賞与で先払いしてほしいという方にとってはデメリットと言えるかもしれまえん。

まとめ

このページでは「退職金制度の企業と従業員それぞれのメリット・デメリット」についてお伝えしてきました。

・退職金制度とは
退職金制度のメリット・デメリット

退職金制度には法的義務がありません。年功序列や終身雇用が崩壊して時代が大きく変化する中、退職金制度の存在意義があるのかと疑問定義されたりもしていますが、それでも採用する企業があるのは企業にとってのメリットがあるからです。もしも自社の退職金制度について考えているのであれば専門家に相談してみるのも一つの手だと思います。

人事制度構築・見直しに関することならお気軽にご相談ください。

制度設計の経験豊富なベテランコンサルタントが対応させていただきます。