中小企業における人事制度の現状と必要性について

中小企業における人事制度の現状と必要性について

中小企業では人事制度を導入していないことは珍しくありませんが、会社の成長に伴って人事制度導入を検討する経営者の方もいらっしゃると思います。そこで今回は「中小企業における人事制度の現状と必要性」について解説します。

人事制度とは

人事制度とは、半年に1回、1年に1回など、定期的に社員の能力や貢献度などについて評価して、評価に応じて昇給・賞与などの賃金や昇進などに処遇するための制度です。

中小企業における人事制度の現状

少し古いデータですが、厚生労働省による平成14年雇用管理調査(5,800企業を対象)でわかるように、人事制度を導入していない中小企業は少なくありません。

人事制度の必要性

中小企業の人材不足は深刻な問題です。
人事制度を導入することで、社員の能力や貢献度を公平に評価し処遇することで、社員の育成や不満の軽減につながり、人材の定着化が進めば採用コストの削減が期待できます。
また、2021年4月より中小企業でも同一労働同一賃金への対応が求められています。人事制度を導入することで同一労働同一賃金に対応しやすくなります。

まとめ

このページでは、中小企業における人事評価制度の現状と必要性について解説しました。

  • 人事制度とは
  • 中小企業における人事制度の現状
  • 人事制度の必要性

近年、働き方改革やコロナ禍の影響で「働き方」に注目が集まっています。この機会に人事制度の導入を検討されることをおすすめします。

問い合わせ

Contact

人事制度でお悩みの方はお気軽にご相談ください。