人事制度はなぜ必要なのか?なぜ従業員を評価する必要があるのか?

人事制度はなぜ必要なのか?なぜ従業員を評価する必要があるのか?

人事制度という言葉をご存知の方は多いと思いますが、なぜ人事制度は必要なのでしょうか?今回は「人事制度の必要性」について解説します。

人事制度とは

人事制度とは、企業としての業績を上げるため、社員の働きぶりや貢献度などを評価して、その結果にもとづいて処遇・育成などに役立てる制度のことです。等級制度・評価制度・賃金制度の3つの要素から構成されます。

人事制度の目的

人事制度は、公正な評価によって公平な賃金の実現と社員の成長を目的としています。また、社員の帰属意識の向上や離職防止といった効果も期待されます。
しかしながら、特に中小企業においては人事制度を整備していない会社も多くあり、他社への人材流出やモチベーションの低下を招いていました。

近年の人手不足や、働き方改革の推進により、会社を取り巻く経営環境は大きく変わってきています。より条件の良い会社を選ぶ人が増え、ますます人材の確保・定着が重要になりました。
結果として、会社は新たな人事戦略の策定を迫られることとなり、人事制度の見直しや新たに導入する会社が増えています。そして上記のような現状において、昨今の人事制度では以下のような要素が求められています。

  • 優秀な人材の確保・定着、育成
  • 同一労働同一賃金対応
  • 固定費の変動費化

人事制度がもたらす効果

生産性の向上

社員の業績や能力に見合った昇給・昇格を行なうことで、社員のモチベーションが向上し、より高い成果や能力習得を目指し業務に励むことになるため、一人ひとりの生産性が向上します。個人だけではなく会社全体の生産性向上も期待できます。

人材育成の促進

評価の実施により、個人の課題を明確にすることができます。また、評価基準を社員に伝えることで、会社の方針を社員と共有することができ、社員を会社の求める人材へ成長を促すことができます。

同一労働同一賃金対応

人事制度を整備することで、同一労働同一賃金へ対応することが可能となります。説明を求められたときに、根拠を明確に伝えらえるので、訴訟リスクを下げることができます。

適材適所の人材配置

評価によって、社員の適性を把握でき、能力を十分に発揮できる部署へと配置転換させることも可能です。社員にあった仕事を振ることで作業効率が上がり、会社全体の成長につながります。

公平な処遇

年功序列ではなく評価によって昇進や賃金などを決定することで公平な処遇となり、社員の納得感が増して不満や批判が出にくくなります。

まとめ

このページでは人事制度がなぜ必要性についてお伝えしてきました。

  • 人事制度とは
  • 人事制度の目的
  • 人事制度がもたらす効果

人事制度を導入したり既存の制度を見直したりすることで、会社の成長を促すことが可能になります。また、同一労働同一賃金にも対応することができます。
まだ人事制度を導入したことがない経営者様、既存の制度に疑問を感じている経営者様は、導入や見直しを検討してみてください。

問い合わせ

Contact

人事制度でお悩みの方はお気軽にご相談ください。