人事制度の失敗とは?なぜ失敗するのか?

人事制度の失敗とは?なぜ失敗するのか?

「人事制度を導入してみたがいまいち効果が感じられない」という方もいらっしゃると思いますが、その原因は人事制度がうまく機能していないからかもしれません。そこで今回は人事評価制度の失敗について解説します。

人事制度とは

人事制度とは、社員の能力や貢献度を評価して処遇する制度のことです。人事制度を整備することで人材育成や業績向上などが期待できます。

人事制度におけるよくある失敗

人事評価エラー

人事評価エラーとは、評価者によって評価にブレが生じてしまって公平な評価ができていない状態のことです。評価者が人である以上、この評価エラーというのは避けては通れない問題ですが、人事評価を行う際に適切な評価基準の設定ができていないと人事評価エラーを起こす要因となります。
人事評価エラーによる不公平な評価は社員の心に不満をもたらしてモチベーションの低下を誘いかねません。

フィードバックができていない

人事評価を行う上で重要なことはフィードバックです。フィードバックを行わなければ評価でわかった改善点を今後に活かすことができませんし、フィードバックがなければ部下が評価結果に納得できず評価に不満を感じてしまう可能性もあります。

会社方針とずれている

人事制度の目的の一つは会社が求める人材の育成です。制度の内容と会社方針にズレがあると社員の成長を阻害することになります。

導入スケジュールを組まずに行った

どんなにいい制度でも導入し運用しなければ、効果を発揮することはできません。
人事制度を設計する際は、いつ制度を導入したいのか、試用期間や移行期間を設けるとするといつまでに制度を完成させなければいけないのか、評価者の指導や社員への通達はいつ行うのか、などきめ細かくスケジュールを設定する必要があります。

評価者の研修をしなかった

人事制度の要は評価者です。評価者が公平に評価を行って社員にフィードバックや指導を行わなければ、人事制度の効果を発揮することができません。事前に評価者向けの研修や指導は必須と言えるでしょう。

まとめ

このページでは人事制度のよくある失敗について紹介しました。是非人事制度の導入や運用にご活用ください。
また、人事評価制度についてお困りごとがあるときは一度専門家に相談することをおすすめします。

問い合わせ

Contact

人事制度でお悩みの方はお気軽にご相談ください。