人事評価システムとは?活用方法と導入メリット

人事評価システムとは?活用方法と導入メリット

近年、注目を浴びている「人事評価システム」は、評価業務を効率化できるだけでなく様々なメリットがあります。そこで今回は人事評価システムについて解説します。

人事評価システムとは

人事評価システムは社員の人事評価を行うシステムのことです。人事評価をシステム化することで人事評価エラーを防いだり効率的に人事評価を行うことができます。
また、人事評価に関するデータを蓄積したりデータを活用して展開することができます。

人事評価システムの活用方法

社員の情報管理

社員の管理経歴や能力などをシステム上で管理することができます。

目標管理・進捗管理

個人や部署の目標や達成度の進捗を記録して可視化することができます。社員と上司の評価面談の内容をシステムに記録して社員が実績を入力したものを自動で集計します。

評価シートの作成・管理

評価シートの作成・配布・回収・管理まで一貫してシステム上で行うことができるので、評価のフィードバックが容易となり、前期の評価と今期の評価を比較することで、より効果的な人事評価を行うことができます。

人事評価のワークフロー管理

人事評価の進捗状況を一覧表示にしたり、項目ごとに閲覧・編集の制限をかけることができるので、人事担当者が評価の進捗状況を把握することができ、スムーズに評価を進行することができます。

紙やExcelへの出力

評価面談時の資料としてプリントアウトしたり、Excelに出力し他システムや各種ツールと連携することができます。

人事評価システム導入のメリット 

人事評価業務の効率化

人事評価システムの最大のメリットは人事評価業務の効率化です。評価シートの作成、配布面談後の記入・回収・集計など、評価の管理に必要な作業の時間や手間を削減します。
進捗を人事担当者が把握することができるので、締め切りに合わせて催促したり、アラート機能の活用をすれば、スムーズに評価を進行することができます。また、面談後のフィードバックも簡単に行うことができるようになります。

社員の意欲向上・定着率の向上

人事評価システムによって、評価項目や評価基準が明確になることで、社員がどのように意識して仕事を進めればいいかわかるようになり、評価に対しても納得感が増します。評価結果を可視化されたデータをフィードバックすれば、評価の妥当性や自分の能力を正しく把握することができ、透明性のある評価となります。その結果、社員自身の成長やモチベーション向上につながります。
適正に人事評価がされなかったと感じると、有能な社員ほど離職してしまう傾向がありますので、評価システムによって公平な評価を実現することで、離職率の改善につながります。

戦略的な人材配置の実現

適材適所という言葉がある通り、社員にはそれぞれ特性があり、特性に適した人材を配置することで、社員は自身の能力を最大限に発揮することができるようになります。従来の人事評価では、社員数が多ければ多いほど個人の能力の把握が難しいのが実情でした。しかし、人事評価システムは社員のデータを集約しているので適した人材を探しやすくなり、戦略的な人材配置が実現することで会社全体の成長につながります。

人事情報の一元管理

人事評価システムを利用することで、社員の個人情報や評価結果、異動履歴などを一元に管理することができます。これまでは社員の情報を探すために複数のシステムから探す必要がありましたが、データを一元化することで手間が減ります。
また、社員の情報を集約することで傾向を読むことが可能となり、人材採用や人材開発に役立てることもできます。

まとめ

このページでは人事評価システムについて解説しました。

  • 人事評価システムとは
  • 人事評価システムの活用システム
  • 人事評価システムのメリット

人事評価システムはコストはかかりますがメリットも多いです。人事評価業務を整備したい方はこういったシステムを活用するのもいいかもしれません。人事評価についてお悩みの方は専門家に相談することをおすすめします。

問い合わせ

Contact

人事制度でお悩みの方はお気軽にご相談ください。