アルバイト・パート向け人事評価制度の必要性とポイント

アルバイト・パート向け人事評価制度の必要性とポイント

深刻な人手不足が問題になっている今、アルバイト・パートといった非正規労働者という人材を活用することが重要となります。そこで今回はアルバイト・パート向け人事評価制度の必要性とポイントについて解説します。

人事評価制度とは

人事制度とは、企業としての業績を上げるため、社員の働きぶりや貢献度などを評価して、その結果にもとづいて処遇・育成などに役立てる制度のことです。等級制度・評価制度・賃金制度の3つの要素から構成されます。

アルバイト・パートにも人事評価制度が必要な理由

同一労働同一賃金対応

2021年4月から中小企業にも同一労働同一賃金が適用されました。アルバイト・パートの人事評価制度を導入・整備することで正社員との相関関係が明確になり、待遇差の根拠を説明しやすくなります。

モチベーションアップ

人事評価制度を導入することで、アルバイト・パートが「自分の働きが会社から適切な評価を得ている」と感じれば、仕事にやりがいを感じてモチベーションがアップし、生産性向上と会社利益につながります。

目標管理ができる

等級制度を導入すれば、これまであいまいになっていたアルバイト・パート間の立ち位置が明らかになります。また、上位等級に昇格するためにはどうすればいいのかを考えることで、成長するための目標を決定できます。

アルバイト・パートの人事評価のポイント

現状を正確に把握する

アルバイト・パートといっても、その能力や責任、働き方はさまざまです。職務能力・範囲・権限はどの程度か、週にどのくらい出勤しているか、繁忙期の出勤対応をしてくれるか等、現状を詳しく把握する必要があります。

公平な人事評価制度

アルバイト・パート間に不公平感を生み出さないために、待遇差ができる場合はその根拠を明示できるようにします。また、アルバイト・パートと正社員の間で整合性を取る必要もあります。

評価者の指導

人事評価制度を効果的に運用するためには評価者が重要です。評価者によって評価にばらつきが出ないように指導する必要があります。また、評価後のフィードバックをしっかり行うことによって人材育成につながります。

まとめ

このページでは、アルバイト・パート向け人事評価制度について解説しました。

  • 人事評価制度とは
  • アルバイト・パートにも人事評価制度が必要な理由
  • アルバイト・パートの人事評価のポイント

人材確保・育成にお悩みの方は、アルバイト・パートの人事評価制度の導入を検討してみては、いかがでしょうか?人事評価制度でお悩みの方は、一度専門家にご相談することをおすすめします。

問い合わせ

Contact

人事制度でお悩みの方はお気軽にご相談ください。