3種類の賃金表について解説!段階号俸表・複数賃率表・賃金ゾーン表

3種類の賃金表について解説!段階号俸表・複数賃率表・賃金ゾーン表

多くの方が「賃金表」という言葉を聞いたことあると思います。しかし、賃金表に種類があることはご存知でしょうか?それぞれメリットがありますので、自社にあったものを採用すれば、会社経営がしやすくなったり、社員の納得感が得られます。今回は、賃金表の中でも、段階号俸表、複数賃率表、賃金ゾーン表という3種類の賃金表について解説します。

段階号俸表

段階号俸表とは、等級と号で構成された号棒表を用いて、評価ランクによって昇給号数を決定し、処遇するものです。多くの企業で採用されています。賃金表と言われると、この段階号棒表をイメージする方も多いのではないでしょうか?

号棒表を作成する際は、各等級の初号の賃金額、ピッチ(1号あたりに昇給する額)、上限号数を設定します。昇給号数によって昇給額を決定するので、段階号棒表は、ピッチが細かく、号数が多いという特徴があります。ピッチは上位等級になるほど金額が多くなります。

この賃金表は、賃金の実額管理がしやすいことや、社員にとっても分かりやすい賃金表であるというメリットがあります。一方では、毎年評価による昇給が累積され続けるというデメリットもあります。

複数賃率表

複数賃率表は、号俸表を基準としつつ、1つの号に複数の基準額のランクを設定するものです。
1年で1号ずつ昇号し、評価ランクによって、基準額ランクのどれに該当するか決まります。

この賃金表は、過去の評価結果が影響せず、等級滞留年数と評価の組み合わせで賃金が決定されます。社員にとっては、とても分かりやすい賃金表です。

また、前回の評価がAランクの人もDランクの評価の人も今回の評価でCランクとなれば、同じ基準額となるので、社員は、一度失敗して悪い評価を得たとしても挽回が可能となります。
運用面から見ると、毎年の昇給額を金額で明示するため、人件費のコントロールが難しいというデメリットもあります。

複数賃金表では、2段階一致方式または4段階一致方式を取られることが多いです。2段階一致方式では、該当賃金の1つ下の号で評価が2段階高くなると賃金額が一致します。上図では、2号のB評価と3号のD評価の賃金額が一致しています。

賃金ゾーン表

賃金ゾーン表は、号棒表を用いて、賃金ゾーンごとに評価による昇降給パターンを設定するものです。賃金ゾーン表は、欧米で一般的に使用されているものです。

同じ等級でも、ゾーンによって、評価による昇給または降給の額や有無が変わります。したがって、毎年同じ評価を受けていても、昇降給の額や有無が変わることになります。

また、低ゾーンにいる社員は比較的昇給しやすいのに対し、高ゾーンの社員は昇給しにくく、さらに降給しやすくなります。
したがって、賃金の低い社員は昇給しやすいので昇給に励みに、賃金の高い社員は賃金を維持できるように緊張感をもって、仕事に対するモチベーションを維持しやすくなります。

まとめ

このページでは、3種類の賃金表について解説しました。

  • 段階号棒表
  • 複数賃金表
  • 賃金ゾーン表

賃金制度を見直すことで、人件費のコントロールがしやすくなったり、社員の定着率が上昇したりしますので、ぜひ自社にあった賃金制度を採用してください。賃金制度の見直し(人事制度の見直し)を検討される方は専門家に相談されることをオススメします。

人事制度構築・見直しに関することならお気軽にご相談ください。

制度設計の経験豊富なベテランコンサルタントが対応させていただきます。