360度評価とは?メリットや導入方法は?

360度評価とは?メリットや導入方法は?

人事評価の新たな手法として注目されているのがコンピテンシー評価、MBO、360度評価ですが、今回はその中から360度評価についてまとめてみました。

360度評価とは

360度評価は多面評価とも呼ばれる人事評価制度です。従来の人事評価制度は上司からの評価だけですが、360度評価では上司だけでなく評価対象の従業員を取り巻くさまざまな立場の人(上司、同僚、部下、社内外の関係者)から評価を受けることで、より客観的で公正公平な評価に近づけることができます。

360度評価が普及する背景

社会情勢の変化により、人事評価制度の見直しを行う企業が増えてきており、従来のピラミッド型の組織からフラット型の組織への移行が進んでいます。それに伴って、プレイヤーとして自分の仕事を行いながらマネジメント業務を行うプレイングマネージャーとしての管理職が増えており、管理職が自らのマネジメントとしての役割を実行できているかどうかの評価が困難な現状があります。
また、テレワークなどの働き方の多様化により、上司から現場の様子が見えづらくなっていて適切な評価を行うための材料が不足している現状もあります。
これらの現状の問題を解決するために360度評価が有用であると考えられています。

360度評価の目的

360度評価を行う目的の一つとしては、上司だけでなくさまざまな立場の人がさまざまな視点で評価することで、客観的で公平な評価を行うことがありますが、それにより従業員の企業に対する信頼が強まってモチベーションがアップすることを期待することができます。
また、360度評価でさまざまな立場の人からの評価を聞くことで、従業員が自分自身と他者との評価の違いを明確に認識したり自身の強みや弱みに気付いたりして、従業員の意識改革も期待できます。

360度評価の対象者

360度評価を導入している企業の多くは課長や部長などの管理職を360度評価の対象としていることが多いですが、360度評価のメリットである評価の客観性や公平性という面で考えると全社員を対象とすることが必要です。
管理職は率直な評価やフィードバックを得ることが難しくなりますので360度評価のメリットが大きいですし、新人や若手の従業員はさまざまな立場の人から評価されることで自分自身の長所短所を知ることができます。

360度評価のメリット

客観的な評価が可能になり評価に対する納得度が高まる

従来の評価する方法だと上司の評価能力に依存するので、評価の公平性に疑いを持ったり不満を抱いたりする従業員が少なくないですが、360度評価は上司一人の能力に依存せず異なる立場と関連性の複数の人が評価するので、公平で客観的な評価が可能になり従業員の納得度が高まります。

被評価者が自覚していない長所や短所に気づくことができる

さまざまな立場の人からの評価を聞くことで、従業員が自他の評価の違いを認識したり長所短所強み弱みなどの特性を客観的に気づくことができます。

会社への帰属意識と当事者意識が高まる

360度評価に関わる全ての従業員が会社の評価基準を評価者として知ることができるので、従業員が会社の行動規範を意識して行動するようになり、会社への帰属意識と当事者意識が高まります。

360度評価のデメリット

評価に一貫性がなくなる可能性がある

360度評価では評価経験のない従業員も評価をしなくてはならないので、評価に主観が多く入ったり、上司に対して厳しい評価をできなかったり、評価の一貫性がなくなる可能性があります。

人間関係が悪化する可能性がある

360度評価では上司だけでなく同僚や部下も評価対象になるため、上司が部下の顔色をうかがって厳しい指導や指示ができなくなったり、同僚に嫌われないように最低限のコミュニケーションしかとらなくなったり、社内の人間関係が悪化する可能性があります。
また、従業員同士が示し合わせて実態と違う評価を行う恐れもあります。

360度評価を導入する際のポイント

360度評価導入の目的や基準を明確にする

360度評価を導入するにあたって、評価制度や賃金制度との関連性(評価や報酬に反映するのか否か)、評価者の匿名性、評価者の選定、評価基準などを明確にして周知することがポイントになります。

評価内容のフィードバックを行う

360度評価ではさまざまな立場の人から評価されることになりますが、その評価の根拠がわからないと被評価者である従業員は評価に対する納得感を得られませんので、評価結果だけでなく従業員の長所短所などの特徴や改善点をフィードバックすることが大切です。

まとめ

このページでは「360度評価」についてお伝えしてきました。

  • 360度評価とは
  • 360度評価が普及する背景
  • 360度評価の目的
  • 360度評価の対象者
  • 360度評価のメリット
  • 360度評価のデメリット
  • 360度評価の運用する際のポイント
  • 360度評価の注意点
  • 360度評価を導入するポイント

360度評価は上手く導入すれば従業員満足度の向上やモチベーションアップなどのメリットがある制度ではありますが、そのためには適切な導入と運用の仕組みづくりが必要になりますので、制度の導入で失敗しないためには専門家の活用を検討するのも一つの手だと思います。

人事制度構築・見直しに関することならお気軽にご相談ください。

制度設計の経験豊富なベテランコンサルタントが対応させていただきます。