制度設計の流れ

制度設計の流れ

Flow

「はじめての人事」では、人事制度を構成する3つの柱である等級制度・評価制度・賃金制度(報酬制度)を設計していくことで人事制度づくりを行い、「概要説明書」「評価シート」「賃金資料」という人事資料を完成させます。

STEP
現状分析

現状の処遇設定(基本給や諸手当)や人事関連資料から人事制度の課題、就業規則や賃金規程から正社員と非正規社員の待遇差に関する課題を明確にします。

STEP
制度方針の決定

現状分析から抽出した課題を基に、新たな人事制度の基本的な考え方やフレームワーク、作成する資料を精査し、決定します。

STEP
制度設計

①等級制度の設計
等級設定および定義を設計します。
会社規模に合わせて最適な等級数を決定し、各等級に対して会社が求める役割や職務職責を定義づけします。
等級制度を運用するために必要となる入社する社員の等級決定や、昇格や降格の決定に関するルールを決定します。

②評価制度の設計
評価シートや運用ルール、処遇反映ルールを設計します。
職種別評価要件(仕事の成果や習熟度)と等級別評価要件(ビジネスマナーや部下指導、組織運営等)の区分から評価シートを設計します。
また、評価シートの運用スケジュールおよび、評価点に応じて評定ランクの決定や昇給、賞与へ反映するルール等を決定します。

③賃金制度の設計
諸手当の統廃合や支給基準を見直した上で、基本給表を設計します。
新たな手当や基本給表にもとづき在籍社員を対象とした賃金明細の切替え、昇給による人件費推移の検証、総額管理をベースとした賞与ルールへの切替えを行います。
また、新しい手当や基本給表をもとに、賃金モデルを作成します。

STEP
制度完成

各制度の内容をとりまとめた概要説明書や評価関連資料、賃金表や各シミュレートシート、モデル賃金等の資料をとりまとめます。

問い合わせ

Contact

人事制度でお悩みの方はお気軽にご相談ください。