厳格化傾向

厳格化傾向は、評価を意識しすぎるあまり現実と誤差がある厳しく偏った評価を行なってしまうことです。仕事能力が高い評価者が自分自身を基準として評価するときに起こりがちな現象です。

寛大化傾向は厳格化傾向の反対に評価が全体的に甘くなってしまうことです。評価者が部下からの反発を恐れたり部下に良く思われたいという気持ちが強い場合や部下の仕事をしっかりと観察していなかった場合に起こりがちな現象です。