タレントマネジメント

タレントマネジメントとは、社員がもつ「タレント」つまり、能力やスキル、経験値などを活かした戦略的な人材配置や育成等を行う人事マネジメントのことを言います。

日本では、終身雇用制や年功序列が根強く残っています。この従来の人事制度では、会社が求める人材に社員が合わせていくことが主流でした。しかし、価値観の多様化や労働市場の流動化が進み、従来の人事制度が合わなくなり、日本でも、タレントマネジメントが注目を集めるようになりました。

タレントマネジメントのメリットは、人材の適正配置が行えることです。人材の持つタレントを把握することで、役職に見合った人材を配置することができます。また、空いたポジションに相応しい人材を素早く配置することや、新規部門の設立やプロジェクトチームの結成時など、適性に人材を素早く選択することが可能となります。

また、自分の適性に合った職務に遂行することで個人のタレントや意欲を伸ばすことが可能となります。これは、個人のキャリアアップに沿って育成計画を立てる上でも大変重要です。

社員のタレントを最大限に活かして仕事をすることができるので、社員も働きやすくなることはもちろん、会社全体としても成長につながります。