ジョブ・ローテーション

ジョブ・ローテーションとは、企業において能力開発や人材育成を目的として、従業員を定期的に移動させさまざまな職種や職場を経験させることを意味します。

これを行うことで従業員は
「社内のさまざまな業種における理解を深められる」
「社内に幅広いネットワークを築くことができる」
などといったメリットがあり、経営者側は
「個々の適した業種を見極められる」
といったメリットがあります。

一方、短期間でさまざまな業務を経験させる弊害として、スペシャリスト育成が難しいといった点も挙げられます。

また、人員を多く確保しやすい大企業などでは比較的容易にジョブ・ローテーションを行いやすいですが、中小企業ではそもそもローテートさせるための人員の確保が難しいなどといった問題もあります。

しかし人員確保が大企業に比べて困難になりがちな中小企業にでこそ、社内業務の属人化を防ぐ目的でのジョブ・ローテーションが求められているのかもしれません。