ジョブ・ディスクリプション

ジョブ・ディスクリプション(job description)は、職務の内容について詳しく記載した文書で、日本では「職務記述書」と呼ばれています。担当する業務の具体的な内容や業務範囲、業務難易度や業務を遂行するために必要なスキル、業務における責任、求められる成果などを明確に詳細に記載します。

ジョブ・ディスクリプションは採用や人事評価など幅広く活用することができ、ジョブ・ディスクリプションを明確にすることで、その職務に最適な人材の採用したり能力や成果に見合った報酬と待遇を決定することができます。

欧米の企業では採用や評価の際に一般的に使用されていますが、日本ではまだまだ使用している企業は少なく、最近になってジョブ型雇用の普及とともにジョブ・ディスクリプションを導入する企業も増加傾向にあります。