ハロー効果

ハロー効果は、ある対象に対して見た目や特徴から受ける印象に引きずられて、他の側面に対しても同じような評価をしてしまい、評価が歪められてしまうことです。アメリカの心理学者エドワード・ソーンダイクが論文の中で「ハロー効果」という言葉を使ったのが始まりとされていて、心理学の世界では「認知バイアス」の一つとされています。
ハロー効果のハロー(halo)は「後光」「光背」「光輪」を意味する言葉で光背効果・後光効果とも呼ばれています。

例えば「明るく元気な雰囲気でハキハキした話し方をしているから仕事もできるはず」といった感じで、実際の仕事の成果やスキルなどとは関係ないパッと見の印象で高く評価してしまう、これはまさにハロー効果です。

ハロー効果には「ポジティブ・ハロー効果」と「ネガティブ・ハロー効果」があります。