ダブルケア

ダブルケアとは、介護と育児(子育て)を同時に並行して行うような家族や親族などの複数のケアを担うことで、それを担う人は「ダブルケアラー」と呼ばれています。

女性が20代で出産した場合、その子どもが義務教育を終える頃に親の世代はおおむね60代になりますので、子育てに手がかからなくなったタイミングで親の介護を担うことができます。
しかしながら、女性の晩婚化による出産年齢の高齢化、そして兄弟数の現象と親戚関係の希薄化により、子育てが終わらないタイミングで同時に親の介護を担うケースが増えており、このダブルケアは社会問題になりつつあります。