中心化傾向

中心化傾向(中央化傾向)とは、人事評価において評価者がさまざまな心理的要因によって中央値に偏った評価をつけてしまうことで、例えば5段階で評価する場合だと中央(中心)の3の評価ばかりつけてしまうことです。

中心化傾向の原因には下記のようなものがあります。
・部下のことをしっかりと見ていないため適正な評価ができない
・極端な評価をつけて部下に嫌われたくない
・評価基準があいまいなため評価がつけづらい

中心化傾向の評価が行われると、被評価者である部下は「成果を出しても出さなくても、頑張っても頑張らなくても評価は同じだ」とやる気やモチベーション、向上心が失われてしまいます。