若手社員研修

Young Employees Training

若手向けキャリアアップ研修

入社3年から6年程度の中級社員を対象として、組織人に求められる実務上の基礎知識を学んで頂き、
更なる成長を遂げるために必要となる知識やノウハウについて業務内容を題材とした演習事例に基づき習得して頂きます

基本的なビジネスマナーの復習

職場におけるコミュニケーションの重要性を学ぶ
良好なコミュニケーションを築く第一印象を磨く術をロープレで身につける

・気持ちの良いあいさつ
・清潔感のある身だしなみ
・社会人の言葉づかい

社会人としてのプロ意識

(1)顧客志向
関係する全ての人を顧客とする全方位型顧客意識
・製品を使用するお客様の安全を意識した仕事の進め方
・業務の前後工程を担う社員を意識した仕事の進め方
(2)コスト意識
機会損失(チャンスロス)も含むトータルコスト意識
・3Mを排除した高効率な職場作り
・クレーム/トラブル等に付随する機会損失に対する認識
(3)問題意識
理想と現実のギャップを問題と捉える逆算志向
・高効率で働きやすい作業環境を理想像として詳細に描く
・理想像を実現させるための課題抽出と対策計画の立て方
(4)時間管理
時間に追われるのではなく時間を創出する時間設計術
・時間生産性を基本とした仕事の進め方
・自分に投資するための時間捻出法
(5)成長志向
夢と目標と計画に分けた成長志向
・自分の将来像の見える化“キャリアプラン”作り
・1年後、3年後の目標達成計画の作り方

生産性を高める基礎知識

生産性の基本的な考え方と7つのポイントについて学ぶ
・Safety:安全
  作業安全に関する基本的視点と内容
・Quality:品質
  製品/工程品質に対する基本的視点と内容
・Cost:コスト
  製造原価を中心とした費用に対する基本的な視点と内容
・Delivery:納期
  製造工程上の3Mに対する基本的な視点と内容
・Motivation:意欲
  仕事に対する意欲の持ち方・心構え
・I nformation:情報
  製造を高効率にするための情報活用の視点と内容
・Environment:労働環境
  安全で効率の良い作業環境に関する基本的な視点と内容

7つの視点実践度チェックリストの実施と向上計画の作成
・生産性の高い仕事ができているかを自己診断し、結果から生産性向上計画を作成する

利益創出に対する基礎知識

損益計算書の基本構造と収益性向上の方法について
・損益の基本構造を理解する⇒ 利益の種類と経費構造
・売上高と利益の関係、製造原価を構成する各経費科目と内容⇒ 材料費 / 労務費 / 製造経費の明細と内容
・利益を高めるための実践的な取組手法⇒ 業務上のムダを省き高効率化を実現する業務フロー分析、業務フロー×課題×3M(人/機械/方法)

議論)収益性を高めるために現場で実践すべきこと
議論した内容を基に参加者が今後取り組むテーマを決めて発表
・業務フロー分析の実施
・効率を悪くしている問題点を抽出し業務改善計画を作成
・改善計画の発表

プロ化計画の作成

演習1)顧客志向 / コスト意識 / 問題意識 / 時間管理 発揮度診断
・プロとして生産性の高い仕事ができているか自己診断し、自らの課題や問題点を抽出します

演習2)自己診断結果に基づくプロ化計画の作成
・キャリアプランを作成し、自らの将来像を明確にします
・キャリアプラン実現に向けたプロ化計画を自己診断結果から作成

フォローアップ研修

基本的なビジネスマナーの見直し
プロ意識の発揮状況の確認と対策
生産性向上計画の確認と対策

開催は、以下のどちらでも対応可能です
・単独企業の内定者を対象としたクローズ形式
・複数企業の内定者を集めて行うオープン形式
尚、フォローアップ研修は四半期に一度の設定ですが、ご要望に応じて毎月、隔月等 対応の変更は可能です。