アニバーサリー休暇

アニバーサリー休暇とは、従業員本人が自身や家族の誕生日、結婚記念日などに自由に休暇を取得できる制度のことです。

その目的は、従業員の社内満足度向上やワークライフバランスを目的とした休暇取得促進のためであり、特に有給休暇の取得推進に効果があるとされています。

現在政府は、2020年までに有給取得率を70%まで引き上げる目標を掲げていますが、「理由もなく有休を取得しにくい」「仕事の進捗を考えると気軽に休めない」などという理由から、取得率の向上は遅々として進まないことが現状のようです。

そこで、有給休暇の取得を促すための手段として、アニバーサリー休暇を導入する企業も増えてきました。近年の労働力人口の減少により、採用活動に苦戦している企業も多いですが、有給が取得しやすい環境などは入社の動機にも直結しますので、アニバーサリー休暇の導入は採用活動においてもメリットとなると言えるでしょう。