リファラルリクルーティング

 

リファラルリクルーティングとは、リファラル採用とも言われます。

「referral」は委託、紹介、推薦を意味する単語であり、リファラルリクルーティングとは自社の社員や、社外の信頼に足る人物からの紹介や推薦による採用活動のことを言います。

すでにアメリカでは主だった採用手法の一つとして定着しており、日本でも積極的に取り組み始める企業も増えてきました。

そのメリットとしては

・企業の内情をよく知るものからの紹介・推薦であるため、ミスマッチが起こりにくい。

・求人サイトや広告の掲載料金にかかっていた採用コストの削減が図れる。

・採用候補者の質と信頼性の高さが期待できる。

デメリットとして

・制度として一般に浸透しておらず、仕組みとして成り立ちにくい。

といった点が挙げられます。

 

近年の実名制SNSの発達や、ビジネス向けソーシャルメディアの利用者の増加に伴い、「ビジネス」込みの個人として人と人とが繋がりやすくなり、リファラルリクルーティングの実行は依然と比べて容易になってきています。

新しい時代の採用方法として、これからますます発展していくのではないでしょうか。