評価制度

評価制度とは、人事評価制度を構成する要素の一つであり、社員の業務成果やその内容を評価する指標を定めた制度の事を言います。

分かりやすく簡単に言うと、「人事評価制度」が社員を評価するシステムであり、「評価制度」はそれを構成するツールの一つです。

定められた指標を根拠に、社員の評価期間内の業績や行動が査定され、その結果はもちろん「等級」「報酬」といった他の要素にも影響します。

 

 

何を評価するか(評価の対象項目)・どうやって評価するか(評価の方法)といった評価基準を打ち出すことで、企業は社員に対して企業の方向性や経営理念を分かりやすく提示することができ、社員は打ち出された評価基準を手掛かりに企業側の想いとマッチした行動目標を定め易くなります。

評価の種類や留意点などは、人事評価制度-3 の方で述べているのでそちらを参考にして下さい。